ドスパラ、6コアとなったCore i7-8700K・Quadro P2000搭載クリエイターPC「raytrek LZ P2」 

ドスパラは、デスクトップパソコン「raytrek LZ P2」を発売します。

raytrek LZ P2
特徴
・新世代の名にふさわしい、6コア12スレッドのCore i7-8700Kを搭載
・シングルスレッドも最強、最大クロックは過去最高の4.7GHzに到達
・最新Pascalアーキテクチャ採用、Quadro P2000を搭載
・DisplayPort 1.4コネクタを4系統搭載
・LADDERをイメージした、専用のLDケースを採用
・計算されたエアフローによりもたらされる、安定動作

レビュー
2017年10月発売開始「raytrek LZ P2」は、メインストリーム向けCPUながら、6コア12スレッドとなった「第8世代Core i7-8700K」を搭載します。
コア数増加による「マルチスレッド性能」の大幅向上、過去最高クロックによる「シングルスレッド性能」の向上を実現します。

そして、最新Pascalアーキテクチャを採用する、新ミドルレンジモデル「Quadro P2000」、16GB DDR4メモリ、2TB HDDなどを、標準搭載します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430/205
第7世代Core i7-7700K 4コア8スレッド/4.2-4.5GHz:約990/195

詳細・購入はこちら
raytrek LZ P2
続きを読む

ドスパラ、次世代CPU・インテルCore Xシリーズ搭載クリエイターPC「raytrek-V XF-X」 

ドスパラは、デスクトップパソコン「raytrek-V XF-X」を発売します。

raytrek-V XF-X
特徴
・インテル史上最もパワフルな、インテルCore Xシリーズ・プロセッサーを搭載
・新世代の高速DDR4 メモリーを4chで CPU に直結
・最新鋭グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1070を搭載
・従来規格の2倍の転送速度を誇る次世代規格「USB 3.1」ポートを搭載
・前後2基の12cmファンが作り出す、優れた排熱性
・多彩な構成に対応する、豊富なドライブベイ

レビュー
2017年7月発売「raytrek-V XF-X」は、次世代ハイエンドCPU「インテルCore Xシリーズ」を搭載する、クリエイター向けデスクトップPCです。

Core Xシリーズでは、現行のBroadwell-Eから、15%のマルチスレッド性能向上を、これまでよりは安価に実現します。

詳細・購入はこちら
raytrek-V XF-X
続きを読む