Sky7BTOパソコン.jp

ARTICLE PAGE


ドスパラ、最新12コア24スレッドXeon E5-2687W v4(Broadwell-EP)搭載PC「raytrek HE-X M4」

ドスパラは、デスクトップパソコン「raytrek HE-X M4」を発売します。

raytrek HE-X M4
特徴
・増強された物理コア数を誇る最新「Broadwell-EP」コアを採用
・より静かに、より強力にCPUを冷やす「静音パック」を標準搭載
・最新プロフェッショナル向けグラフィックス「NVIDIA Quadro M4000」を搭載
・SSD標準搭載で、アプリケーションの起動もファイル操作も快速
・LADDERをイメージした専用のLDケースを採用
・計算されたエアフローによりもたらされる安定動作

レビュー
2016年5月発表「HE-X M4」は、 Quadro M4000 を搭載する、クリエイター向けハイエンドワークステーションで、
新たに最新14nmの「Broadwell-EP」世代に刷新しています。

22nmの旧世代「Haswell-EP」の『Xeon E5-2687W v3』の10コア20スレッドから、『Xeon E5-2687W v4』では12コア24スレッドとなり、処理性能が向上しています。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Xeon E5-2687W v4 12コア24スレッド:約2040/145
Xeon E5-2687W v4 10コア20スレッド:約1750/135
Core i7-5960X 8コア16スレッド:約1360/175
Core i7-6700K 4コア8スレッド:約880/180

詳細・購入はこちら

関連リンク
ドスパラ 最新モデル一覧