パソコン工房、大幅価格改定で値下げCore i7-6950X・GeForce GTX1080Ti搭載ハイエンドPC「STYLE-Q009-i7BX-XNR」 

パソコン工房は、デスクトップPC「STYLE-Q009-i7BX-XNR」を販売します。
icon icon
STYLE-Q009-i7BX-XNR icon
特徴
・デスクトップPC初の10コア20スレッドCPU「Core i7-6950X EE」を搭載
・Pascalアーキテクチャ採用「GeForce GTX1080Ti」を搭載
・メインドライブに高速SSD、データドライブに大容量HDDのツインドライブ構成
・ホコリを効率的に防ぐ正圧設計のエアフローが特徴のミドルタワーケースを採用

レビュー
「STYLE∞ Q-Class」は、静音性やデザイン性を重視したPCケースに、ハイエンドCPU、大容量メモリ、ハイエンドGPUを搭載できる、プレミアムシリーズです。

モデル「STYLE-Q009-i7BX-XNR」では
2017年5月までは、コンシューマー向け最上位となる「Core i7-6950X」と、
フラッグシップTITAN系を除く、GTX10シリーズ最上位「GeForce GTX1080Ti」を搭載する、ハイエンドモデルです。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Core i7-6950X 10コア20スレッド/3.0-3.5GHz/TDP140W:約1800/145
Ryzen7 1800X 8コア16スレッド/3.6-4.0GHz/TDP95W:約1610/165
Core i7-6900K 8コア16スレッド/3.2-3.7GHz/TDP140W:約1500/155

GPU性能比較(3DMark Fire Strike Graphics)
NVIDIA TITAN Xp:約30,500
GeForce GTX1080Ti:約28,500
NVIDIA TITAN X:約28,000

そして、次世代への世代交代に向け、大幅価格改定で値下げされていて、型落ち狙いなら注目の時期となっています。

なお、事前情報となりますが、
インテルは、次世代CPU「Skylake-X」を6月に発表予定で、12コア24スレッドモデルが登場予定です。
※インテルSkylake-Xは、非公式情報となります。

AMDは、公式発表として、最大16コア32スレッドとなる「Ryzen Threadripper」を、2017年夏に発売予定です。

詳細・購入はこちら
STYLE-Q009-i7BX-XNR icon

関連リンク
パソコン工房 最新モデル一覧