フロンティア、最大6コア・6基のストレージを搭載可能マイクロ「タワーPC GEシリーズ H370」 

フロンティアは、「タワーPC GEシリーズ H370」を発売します。

タワーPC GEシリーズ H370
特徴
・他のマイクロタワー以上に、高さのあるケース採用
・裏配線ですっきり、最大6基のストレージを搭載可能
・ASRock製 H370M Pro4マザーボードを採用
・第8世代インテルCore プロセッサー・ファミリーを搭載
・メンテナンスフリーなオールインワン水冷CPUクーラーを選択可能
・品質・信頼性の高い「日本製コンデンサ」を採用

第8世代Coreに刷新したマイクロタワーPC
「GEシリーズ H370」は、高性能ビデオカードや水冷CPUクーラーも搭載可能な、拡張性重視のマイクロタワーPCです。

新モデルでは、メインストリーム向けの新世代「H370チップセット」、最大6コアとなった「第8世代Coreプロセッサー」に刷新し、基本性能を大幅に向上させています。

2018年夏では、Core i5を標準搭載
6コア6スレッドとなった「Core i5-8400」を基本モデルに搭載し、
6コア12スレッドの「Core i7」モデルも、発売されています。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430/205
第8世代Core i7-8700 6コア12スレッド/3.2-4.6GHz:約1400/200
第8世代Core i5-8400 6コア6スレッド/2.8-4.0GHz:約950/170
第7世代Core i7-7700 4コア8スレッド/3.6-4.2GHz:約900/185
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
タワーPC GEシリーズ H370