サイコム、Celsius S36標準搭載デュアル水冷パソコン「G-Master Hydro Z370 Extreme」 

サイコムは、「G-Master Hydro Z370 Extreme」を発売します。

G-Master Hydro Z370 Extreme
(第8世代Core・プレミアムモデル)
特徴
・最新の第8世代インテルCore(Coffeelake)を標準装備
・360mmラジエーター搭載高性能CPUクーラー、Celsius S36を標準搭載
・水冷ユニット740GNをサイコム独自でNVIDIA Geforceに、組み込み済
・ミドルタワー型PCケース、Fractal Design Define Sを採用
・マザーボードは、オールラウンド性に優れる、Z370 Taichiを採用
・高品質電源の新定番、750W電源「SST-ST75F-GS V2」を標準装備

Celsius S36×デュアル水冷PC
「Hydro Z370 Extreme 」は、「Hydro Z370」の『120mmラジエーター』に対し、『360mmラジエーター』装備「Celsius S36」を最大の特徴とする上位モデルです。

「Celsius S36」により、ノイズを抑えつつ、より高い冷却性能を実現します。

2018年夏では
最上位Core i-8700K、16GBメモリ、GeForce GTX1070Ti 8GB、500GB SSDなどを、標準搭載します。

カスタマイズでは、4月に追加発売されたCore i5-8600/i5-8500、Core i3-8300などを、新たに選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430/205
第8世代Core i5-8600 6コア6スレッド/3.1-4.3GHz:約1010/180
第8世代Core i5-8500 6コア6スレッド/3.0-4.1GHz:約975/175
第8世代Core i3-8300 4コア4スレッド/3.7GHz:約585/160
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
G-Master Hydro Z370 Extreme
※OSは、なし(カスタマイズで選択可能)となります。