フロンティア、第8世代Core i7-8700K搭載フルタワーデスクトップPC「GBシリーズ FRGBZ370/87KA」 


GBシリーズ FRGBZ370/87KA

第8世代Coreを新搭載
6コア化と高い動作周波数により、高いマルチスレッド/シングルスレッド性能を実現する「第8世代Core i7-8700K」を搭載します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430/205
第7世代Core i7-7700K 4コア8スレッド/4.2-4.5GHz:約990/195
続きを読む

インテル、第8世代Core(CoffeeLake-S)搭載BTOデスクトップパソコン 

インテルのデスクトップPC向け「第8世代Core」を搭載するPCが、発売されます。

11/02更新:
11月2日(木)に、一般販売が開始されました。
新たに、新製品が多数発表されていて、追加しました。

CPU性能の頭打ちを打破
デスクトップPC向けは、CPU性能の頭打ち(停滞)が嘆かれていましたが、
約10年ぶりのコア数増加により、第7世代Coreまでを過去とします。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430/205
第8世代Core i7-8700 6コア12スレッド/3.2-4.6GHz:約1400/200
第8世代Core i5-8400 6コア6スレッド/2.8-4.0GHz:約950/170
第8世代Core i3-8100 4コア4スレッド/3.6GHz:約570/155
第7世代Core i7-7700K 4コア8スレッド/4.2-4.5GHz:約990/195
第7世代Core i5-7400 4コア4スレッド/3.0-3.5GHz:約560/145

11月2日販売開始も、本格スタートは2018年
日本での発売日は、11月2日(木)となり、最上位Z370チップセットのみ、販売開始です。 第1陣は、Core i7-8700Kが中心で、価格も高価格帯が主力となっています。

メインストリームH370、ビジネスB260、エントリーH310などは、2018年前半発売が予定されていて、機能・性能は劣りますが、価格を抑えた製品の発売が、期待されます。
※メモリ価格の高騰が続いていて、PC全体ではさらに高くなる可能性もあり。

第8世代Core搭載デスクトップパソコン

Radiant GZ2700Z370(ミドルタワーPC)
Radiant VX2700Z370(ミニタワーPC)
(サイコム・スタンダードPC)

Silent-Master Pro Z370(静音PC)
Aqua-Master Z370(水冷PC)
(サイコム・静音/水冷PC)

Premium-Line Z370FD(ミドルタワーPC)
Premium-Line Z370FD-MICRO(ミニタワーPC)
(サイコム・プレミアムライン)

ドスパラ・Coffee Lake-S 搭載パソコン
icon icon
iiyama PC・第8世代Core搭載デスクトップパソコン icon

フロンティア・第8世代Core搭載パソコン

第8世代Core搭載ゲームパソコン

G-Master Spear Z370(ゲーミングPC)
G-Master Spear Z370-Mini(ミニタワーゲーミングPC)
G-Master Hydro Z370(デュアル水冷PC)
G-Master Hydro Z370-Mini(デュアル水冷ミニタワー)
(サイコム・ゲーミングPC)

ドスパラ・Coffee Lake-S 搭載ゲーミングパソコン
icon icon
NEXTGEAR i670 シリーズicon(スタンダードゲームPC)
MASTERPIECE i1630 シリーズicon(フラッグシップゲームPC)
(マウスコンピューター・ゲーミングPC)
icon icon
iiyama PC・第8世代Core搭載ゲームパソコン icon

G-GEAR GA7J-J92/ZT(ゲーミングPC)
(ツクモ)

第8世代Core搭載クリエイターパソコン

Lepton WS2700Z370-A(クリエイターPC)
(サイコム・クリエイターPC)

ドスパラ・Coffee Lake-S 搭載クリエイター向けパソコン
icon icon
DAIV-DGZ520シリーズicon
(マウスコンピューター・クリエイターPC)
iiyama PC・第8世代Core搭載クリエイターパソコン icon
続きを読む

ツクモ、エントリーRyzen 3-1200搭載低価格スリムタワーPC「AeroSlim RS7A-B92/T」 


AeroSlim RS7A-B92/T

低価格4コアRyzen3を搭載
「AeroSlim」は、幅98mmのスリム筐体に、優れたエアフローと高い拡張性を魅力とします。

「RS7A-B92/T」は、低価格なエントリーCPUながら、4コアとなる「Ryzen 3-1200」を搭載します。
2コアの第7世代Coreには勝つものの、Ryzen対抗で投入した、4コアの第8世代Coreには劣ります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
AMD Ryzen5 1400 4コア8スレッド/3.2-3.4GHz:約680/135
第8世代Core i3-8100 4コア4スレッド/3.6GHz:約570/155
AMD Ryzen3 1200 4コア4スレッド/3.1-3.4GHz:約515/140
第7世代Core i3-7100 2コア4スレッド/3.9GHz:約420/165
続きを読む

サイコム、12スレッドCore i7-8700K・ハイエンドQuadro P4000搭載可能クリエイターPC「Lepton WS2700Z370-A」 


Lepton WS2700Z370-A

第8世代Coreに刷新
OpenGLを使用したCADソフトウェア、プロフェッショナル向け「NVIDIA Quadro」を標準搭載する、3DCG、CAD、映像編集向けプロフェッショナルモデルです。

そして、Xeonやハイエンド向け(Core i9)などではなく、メインストリーム向けCPU「CoffeeLake-S」、「Z370チップセット」採用モデルなので、性能などは劣りますが、安価な価格を実現します。
続きを読む

ツクモ、8コア16スレッドCorei7×GeForce GTX1070搭載ゲーミングPC「G-GEAR neo GX9J-D92/XT」 


G-GEAR neo GX9J-D92/XT

ハイエンドCPUを搭載
、8コア16スレッド「Core i7-7820X」、ハイクラス「GeForce GTX1070」を搭載する、ハイスペックゲーミングPCです。

カスタマイズでは、10コア20スレッド「Core i9-7900X」も、選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
Core i9-7900X 10コア20スレッド/3.3-4.3GHz:約2190/185
Core i7-7820X 8コア16スレッド/3.6-4.3GHz:約1870/195
Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430/205
Core i7-7800X 6コア12スレッド/3.5-4.0GHz:約1270/180
続きを読む