BTOメーカー、第9世代Coreプロセッサー搭載パソコン 

BTOメーカーの「第9世代Core」搭載PCが、発売されています。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

メインストリーム向け最強CPU「Core i9-9900K」
ゲーム向け最強を謳う「Core i9K」、初の8コア化「Core i7K」、動作クロック向上「Core i5K」、初のターボブースト対応「Core i3K」が、発売されます。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第9世代Core i9-9900K 8コア16スレッド/3.6-5.0GHz:約2020
第9世代Core i7-9700K 8コア8スレッド/3.6-4.9GHz:約1510
第9世代Core i5-9600K 6コア6スレッド/3.7-4.6GHz:約1070
第9世代Core i3-9350KF 4コア4スレッド/4.0-4.6GHz:
第8世代Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430

第9世代Core i5-9400F 6コア6スレッド/2.9-4.1GHz:約970
第8世代Core i5-8400 6コア6スレッド/2.8-4.0GHz:約950
第7世代Core i5-7400 4コア4スレッド/3.0-3.5GHz:約560
※Core i7-9700(仮)、Core i3-9100(仮)などは、未発表。

発売日:2018年10月~
高性能「K」、iGPU無効化「F」の一部モデルは、発売中です。

※CPU供給不足は、夏に最悪期を迎えるとの事で、「無印」は当面絶望かもしれません。

Coffee Lake-S Refresh搭載BTOパソコン

第9世代Core搭載BTOパソコン
(サイコム)

第9世代CPU搭載PC
(ドスパラ)
icon icon
第9世代Core搭載デスクトップパソコン icon
第9世代Core搭載ゲームパソコン icon
第9世代Core搭載クリエイターパソコン icon
第9世代Core搭載ビジネスパソコン icon
(パソコン工房)
icon icon
Core i9搭載デスクトップPC icon
Core i7搭載デスクトップPC icon
Core i5搭載デスクトップPC icon
Core i3搭載デスクトップPC icon
(マウスコンピューター)

タワーPC GBシリーズ Z390
タワーPC GHシリーズ Z390
(フロンティア)

第9世代Core搭載BTOパソコン
(ツクモ)

第9世代Core搭載BTOパソコン
(ark)
続きを読む

BTOメーカー、第9世代Core i9-9980XE/i9-9900X(Skylake-X Refresh)搭載デスクトップPC 

BTOメーカーの「第9世代インテルCore X」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。


第9世代Core Xでは、動作クロック(定格)が向上
熱伝導素材を、不評の「グリス」から『ソルダリング(ハンダ)』に戻した事で、
冷却性能が改善し、ベース動作周波数の向上を実現します。

性能比較(PassMark CPUMark)
第9世代Core i9-9980XE 18コア36スレッド/3.0-4.5GHz:約30,500
第9世代Core i9-9960X 16コア32スレッド/3.1-4.5GHz:約29,500
第9世代Core i9-9940X 14コア28スレッド/3.3-4.5GHz:約28,000
Core i9-7980XE 18コア36スレッド/2.6-4.2GHz:約27,500

第9世代Core i9-9920X 12コア24スレッド/3.5-4.5GHz:約26,500
第9世代Core i9-9900X 10コア20スレッド/3.5-4.5GHz:約23,500
第9世代Core i9-9820X 10コア20スレッド/3.3-4.2GHz:約22,500
第9世代Core i7-9800X 8コア16スレッド/3.8-4.5GHz:約20,500
Core i9-7900X 10コア20スレッド/3.3-4.3GHz:約22,000

発売日:2018年12月14日(金) 販売解禁
全モデル販売解禁となり、搭載PCも販売開始です。

Skylake-X Refresh搭載BTOパソコン

G-Master Hydro-X299II(デュアル水冷PC)
Aqua-Master X299(CPU水冷クーラーPC)
Lepton WS3600X299(クリエイターPC)
Premium Line X299FDII(プレミアムPC)
(サイコム)

第9世代インテルCore Xシリーズ搭載パソコン
(フロンティア)
icon icon
第9世代インテルCore Xシリーズ搭載パソコン icon
(パソコン工房)
icon icon
DAIV-DGX760シリーズicon
(マウスコンピューター)

Core i9-9980XE
Core i9-9960X
Core i9-9940X
Core i9-9920X
Core i9 9900X
Core i9-9820X
Core i7-9800X
(ドスパラ)

第9世代インテルCore Xシリーズ搭載ワークステーション
(ツクモ)
続きを読む

インテル、次世代CPU「新・第8世代Core(CoffeeLake-Refresh?)」最新情報 

当ページは更新を終了しました。

関連ページインテル、次世代CPU「第9世代Core」情報

①第9世代Core i7-9700K説
②第8世代Core i7-9700K説
③第8世代Core i7-8750K説

第8世代Core(CoffeeLake)の次は、リブランドの『CoffeeLake-Refresh』ですが、①の第9世代Coreで、正式発表しました。

※当ページは、③説を採用していたため、更新終了です。
第8世代Core i7-8700Kの次は、第9世代Core i9-9700Kとなります。



インテルは、次世代CPU「新・第8世代Core」を、発売します。
※非公式情報となり、正確性などは保証していません。
続きを読む

インテル、第7世代Core(KabyLake-S)搭載BTOデスクトップパソコン 

インテルCPU「第7世代Core」搭載PCが、発売されています。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

「第8世代Core」への刷新により、完売や販売を終了している場合が、多々あります。
後継CPUインテル、第8世代Core搭載パソコン
続きを読む

インテル、ハイエンドCore i7-6950X/6900K/6850K/6800K(Broadwell-E)搭載パソコン 

当ページ(Broadwell-E)は、更新を終了しました。

Broadwell-Eから買換えの場合、AMDが16コアを投入したため、対抗で18コアに飛躍した、後継の「Core X」でも、別世界の性能向上を実現します。

性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
Core i9-7980XE 18コア36スレッド/2.6-4.2GHz:約3450/180
Threadripper 1950X 16コア32スレッド/3.4-4.0GHz:約3130/170
Core i7-6950X 10コア20スレッド/3.0-3.5GHz:約1800/145

特集ページインテルハイエンドCPU「Core X」搭載パソコン
特集ページAMDハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」搭載パソコン
続きを読む

インテル、第6世代Core(Skylake-S)搭載BTOデスクトップパソコン 

当ページ(第6世代Core)は、更新を終了しました。

第6世代Coreから買換えの場合、大幅性能向上「第8世代Core」が、魅力です。
※第6世代Core→第7世代Coreでは、CPU性能はさほど変わりません。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8700 6コア12スレッド/3.2-4.6GHz:約1400/200
第7世代Core i7-7700 4コア8スレッド/3.6-4.2GHz:約900/185
第6世代Core i7-6700 4コア8スレッド/3.4-4.0GHz:約815/170
※ベンチマークスコアは、比較用の平均値となり、目安の一つです。

特集ページインテル、第8世代Core搭載パソコン
特集ページインテル、第7世代Core搭載パソコン
続きを読む

インテル、デスクトップ向け旧世代CPU「第4世代Core搭載PC」 

インテルの旧世代CPU「第4世代Core」を搭載するPCが、少数発売されています。
続きを読む

インテル、新世代ハイエンドCPU「Haswell-E」 

インテルの新世代ハイエンド「Haswell-E」を搭載する、BTOメーカーのデスクトップPCが、発売開始です。

インテルハイエンドCPU CPU性能比較(Cinebench R15 Multi Core/Single Core)
Core i7-5960X 8コア16スレッド/3.0-3.5GHz/20MBキャッシュ:約1360/175
Core i7-5930K 6コア12スレッド/3.5-3.7GHz/15MBキャッシュ:約1150/145
Core i7-5820K 6コア12スレッド/3.3-3.6GHz/15MBキャッシュ:約1090/140
Core i7-6700K 4コア8スレッド/4.0-4.2GHz/8MBキャッシュ:約890/180
Core i7-4790K 4コア8スレッド/4.0-4.4GHz/8MBキャッシュ:約850/170
続きを読む

インテル、Pentium20周年記念モデル「Pentium Anniversary Edition G3258」搭載デスクトップパソコン一覧 

インテルは、6月3日に「Pentium Anniversary Edition G3258」を正式発表し、Pentium G3258搭載デスクトップパソコンも発表されています。

Pentium G3258は、Pentium登場20周年記念モデルで、「K」シリーズのみとなる『クロック倍率変更機能(オーバークロック)』を追加した特別モデルです。
基本スペックは、2コア/2スレッド、定格3.2GHz、L3キャッシュ3MBなどとなります。

なお、オーバークロックを楽しむためには、上位「インテルZ97チップセット」が必須となります。
※「H81」などを採用するモデルも発表されていますが、オーバークロックは楽しめません。

発売日は、7月上旬(予定)です。
続きを読む

インテル、Devil's Canyonこと「Core i7-4790K」搭載デスクトップパソコン一覧 

インテルのオーバークロック向け新CPU「Core i7-4790K(Devil's Canyon)」が、6月3日に正式発表され、Devil's Canyon搭載デスクトップパソコンも、6月中頃より販売を開始しています。

Devil's Canyonでは、オーバークロック動作の改善を目的に、TIMを「グリス」から「NGPTIM」に変更し、CPUパッケージ裏面にキャパシタを追加しています。

Core i7-4790Kは、Core i7-4770K(Haswell)から500MHz動作クロックを引き上げ、定格4.0GHzを実現しています。
なお、TDPが88Wに引き上げられたため、最新(2014年5月)のIntel 9シリーズチップセットのみの対応としています。
続きを読む

インテル、新CPU「Devil's Canyon」 

インテルは、2014年6月に新CPU「Devil's Canyon」を、発表しています。

「Devil's Canyon」では、TIMをグリスから次世代ポリマーTIMに変更。
そして、裏面にキャパシタを追加することで、「Core i7-4790K」では、インテル製CPU初となるベースクロック4.0GHzを実現します。
続きを読む