ツクモ、新世代4コアRyzen3搭載薄型省スペースPC「AeroSlim RS7A-B92/T」 

ツクモは、デスクトップパソコン「AeroSlim RS7A-B92/T」を発売します。

AeroSlim RS7A-B92/T
特徴
・エントリー向けながら4コア4スレッド、Ryzen 3を搭載
・マザーボードには、ASUS製「PRIME A320M-C R2.0」を採用
・よりクリアで滑らかな動画処理、NVIDIA GeForceを標準搭載
・高品質で安定性に定評のある SanmaxTechnologies製メモリを採用
・薄型省スペースのスリム筐体を採用
・大型120mmファン&防塵フィルタを搭載可能

レビュー
2017年7月発売開始「RS7A-B92/T」は、低価格を魅力とするエントリーCPU=2コアを終わらせる、4コア4スレッドのRyzen3を搭載します。

基本構成では、Ryzen3 1200、GeForce GT1030、SSDはオプションなど、エントリー構成となり、6万円台(税抜)からを実現します。

カスタマイズでは、4コア8スレッドのRyzen5や、PCゲームにも対応出来るGeForce GTX1050を選択可能です。

詳細・購入はこちら
AeroSlim RS7A-B92/T
続きを読む

ツクモ、4コアハイエンドCore i7-7740X(KabyLake-X)搭載ゲーミングPC「G-GEAR GA7J-I92/XT」 

ツクモは、デスクトップパソコン「G-GEAR GA7J-I92/XT」を発売します。

G-GEAR GA7J-I92/XT
特徴
・シリーズ最高のパフォーマンス、インテルCore i7 Xシリーズを搭載
・よりクリアで滑らか、AMD Radeonグラフィックスカードを搭載
・高品質で安定性に定評のある メジャーチップメモリを採用
・省エネに配慮した 80PLUS BRONZE認定取得電源を採用
・さらなる進化を遂げた、4th Generation G-GEARケースを搭載
・エアフローとメンテナンス性を両立

レビュー
2017年7月発売開始「GA7J-I92/XT」は、インテルの最新ハイエンドCPU「Core X」から、4個8スレッドの「Core i7-7740X(KabyLake-X)」を搭載します。

定格で使うなら「Core i7-7700K(KabyLake-S)」とほぼ同じCPU性能ですが、ハイエンドX299チップセットとなり、高価格となっています。

詳細・購入はこちら
G-GEAR GA7J-I92/XT
続きを読む

パソコン工房、6コアRyzen5 1600X・GeForce GTX1060 6GB搭載ゲーミングPC「LEVEL-R0X3-R6X-RNR」 

パソコン工房は、デスクトップPC「LEVEL-R0X3-R6X-RNR」を販売します。
icon icon
LEVEL-R0X3-R6X-RNR icon
特徴
・6コア12スレッドの「Ryzen5 1600X」を搭載
・Pascalアーキテクチャ採用、「GeForce GTX1060 6GB」を搭載
・メインドライブに高速SSD+データドライブに大容量HDDのツインドライブ構成
・シンプルで落ち着きのあるミドルタワーケースを採用

レビュー
「LEVEL∞ R-Class」は、ミドルタワーケースを採用する、定番のゲーミングPCです。

カスタマイズの幅も広く、水冷CPUクーラーも、選択できます。

モデル「LEVEL-R0X3-R6X-RNR」では
競合のインテルCore i5に圧勝する、6コアの「Ryzen5 1600X」を搭載します。

そして、ミドルクラス「GeForce GTX1060 6GB」、SSD+HDD、DVDスーパーマルチなどを標準搭載する、15万円前後の新定番ゲーミングPCです。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Ryzen5 1600X 6コア12スレッド/最大4.0GHz:約1240
Core i5-7600K 4コア4スレッド/最大4.2GHz:約680

GPU性能比較(3DMark Fire Strike Graphics)
GeForce GTX1060 6GB:約13,500
GeForce GTX1050Ti:約8,000

詳細・購入はこちら
LEVEL-R0X3-R6X-RNR icon
続きを読む

ドスパラ、次世代CPU・インテルCore Xシリーズ搭載クリエイターPC「raytrek-V XF-X」 

ドスパラは、デスクトップパソコン「raytrek-V XF-X」を発売します。

raytrek-V XF-X
特徴
・インテル史上最もパワフルな、インテルCore Xシリーズ・プロセッサーを搭載
・新世代の高速DDR4 メモリーを4chで CPU に直結
・最新鋭グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1070を搭載
・従来規格の2倍の転送速度を誇る次世代規格「USB 3.1」ポートを搭載
・前後2基の12cmファンが作り出す、優れた排熱性
・多彩な構成に対応する、豊富なドライブベイ

レビュー
2017年7月発売「raytrek-V XF-X」は、次世代ハイエンドCPU「インテルCore Xシリーズ」を搭載する、クリエイター向けデスクトップPCです。

Core Xシリーズでは、現行のBroadwell-Eから、15%のマルチスレッド性能向上を、これまでよりは安価に実現します。

詳細・購入はこちら
raytrek-V XF-X
続きを読む

パソコン工房、8コア16スレッドCore i7-7820X搭載可能4K動画編集向けPC「SENSE-S29R-i7SX-RN-VEditor4K」 

パソコン工房は、デスクトップPC「SENSE-S29R-i7SX-RN-VEditor4K」を販売します。
icon icon
SENSE-S29R-i7SX-RN-VEditor4K icon
特徴
・前世代比マルチスレッド性能が15%向上した、インテルCore Xシリーズを搭載
・インテル・ターボ・ブースト・テクノロジーにより、あらゆる作業効率を向上
・Core Xシリーズ専用、インテルX299チップセットを搭載
・VR READYのNVIDIA GeForce GTX1060 6GBを搭載
・静音ミドルタワーケース、Cooler Master Silencio 452を採用
・4K動画編集に最適、32GB DDR4メモリを搭載

レビュー
2017年7月発売「S29R-i7SX-RN-VEditor4K」は、前世代「Broadwell-E」から、さらなる性能向上を安価で実現する「Skylake-X」を標準搭載します。

標準は、6コア12スレッドのCore i7-7800Xとなりますが、
カスタマイズでは、8コア16スレッドのCore i7-7820Xなども、選択できます。

「4K動画編集向け」モデルとなりますが、1TB HDDが標準構成となっています。
カスタマイズでは、2TB+4TB×3や、高耐久仕様のWD REDも、選択できます。

詳細・購入はこちら
SENSE-S29R-i7SX-RN-VEditor4K icon
続きを読む