第9世代Core、GeForce RTX20搭載ドスパラ、マウス、パソコン工房、フロンティア、ツクモ、サイコムのBTOパソコンを紹介しています。

ドスパラ、7万円台(Core i3-8100・GTX1050)からの低価格ゲーミングPC「GALLERIA Dシリーズ(2018年夏PC)」

ドスパラは、「GALLERIA Dシリーズ(2018年夏PC)」を発売します。

GALLERIA Dシリーズ
特徴
・桁違いの性能、NVIDIA GeForce GTX10シリーズを搭載
・優れたCPUパワー、第8世代Core i3/i5を搭載
・圧倒的に高速なデータ転送が可能なSSDを標準搭載
・ゲームの推奨スペックになりつつある、8GBメモリを標準搭載
・「鋭さと力強さ」GALLERIAの魂を凝縮した、KTMミニタワーケース
・高さと奥行きをそれぞれ約100mm抑え、設置しやすいサイズを実現
※特徴は、モデルにより異なる場合があります。

大幅性能向上×低価格ゲーミングPC
「GALLERIA Dシリーズ(第8世代Coreモデル)」は、8GBメモリ、SSDを標準搭載しつつ、低価格を魅力とする、ゲーミングPCです。

そして、最新の「第8世代Core」への刷新により、6コア化した「Core i5-8500」は第7世代Core i7並、4コア化した「Core i3-8100」は第7世代Core i5並の性能を、安価に実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i5-8500 6コア6スレッド/3.0-4.1GHz:約975/175
第7世代Core i7-7700 4コア8スレッド/3.6-4.2GHz:約900/185
第8世代Core i3-8100 4コア4スレッド/3.6GHz:約570/155
第7世代Core i5-7400 4コア4スレッド/3.0-3.5GHz:約560/145
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2018年夏では
Core i3+GTX1050モデルは、7万円台(+税)、
Core i5+GTX1050モデルは、8万円台(+税)から購入できます。

そして、定番ミドルGTX1060 6GB、最も新しいGTX1070Ti搭載モデルまで販売されています。

GPU性能比較(3DMark Fire Strike Graphics)
NVIDIA GeForce GTX1070Ti:約20,100
NVIDIA GeForce GTX1060 6GB:約13,500
NVIDIA GeForce GTX1050:約7,300
Intel UHD Graphics 630:約1,300

詳細・購入はこちら
GALLERIA Dシリーズ