第9世代Core、GeForce RTX20搭載ドスパラ、マウス、パソコン工房、フロンティア、ツクモ、サイコムのBTOパソコンを紹介しています。

ツクモ、12コアCore i9-7920Xまで搭載可能デスクトップPC「AeroStream(Core Xモデル)」

ツクモは、「AeroStream(Core Xモデル)」を発売します。

AeroStream インテルCPU搭載 タワーモデル
特徴
・シリーズ最高のパフォーマンス、インテルCore Xを搭載
・ASUS製マザーボードPRIME X299-Aを採用
・高品質で安定性に定評のある メジャーチップメモリを採用
・空気の流れ(エアフロー)にこだわった、専用ケースを採用
・埃の侵入を防ぐ、防塵フィルターを搭載
・高いメンテナンス性と拡張性

ハイエンドデスクトップPC
「AeroStream(Core Xモデル)」は、静音性を重視したPCケースに、高品質な部品を採用する、デスクトップPCのハイエンドモデルです。

インテルハイエンド「X299チップセット」「Core X(Skylake-X)」を搭載し、圧倒的なマルチスレッド性能を実現出来ます。

2018年夏では、12コアCore i9-7920Xまで搭載可能
「RA7J-J180/XT2」は、エントリーモデル「Core i7-7800X」を標準搭載し、カスタマイズでは12コア「Core i9-7920X」まで、選択可能となっています。

性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
Core i9-7920X 12コア24スレッド/2.9-4.3GHz:約2430/185
Core i9-7900X 10コア20スレッド/3.3-4.3GHz:約2190/185
Core i7-7820X 8コア16スレッド/3.6-4.3GHz:約1870/195
Core i7-7800X 6コア12スレッド/3.5-4.0GHz:約1270/180
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
AeroStream インテルCPU搭載 タワーモデル