第9世代Core、GeForce RTX20搭載ドスパラ、マウス、パソコン工房、フロンティア、ツクモ、サイコムのBTOパソコンを紹介しています。

サイコム、第9世代Core(CoffeeLake Refresh)/Z390搭載ミニタワーPC「Radiant VX2800Z390(2018年冬PC)」

サイコムは、「Radiant VX2800Z390(2018年冬PC)」を発売します。

Radiant VX2800Z390
特徴
・第9世代インテルCore(CoffeeLake Refresh)を標準搭載
・インテル初となるメインストリーム向け最大8コアCPU
・Z390チップセット搭載マイクロATXマザーボードを標準装備
・PCケースは、Fractal Design CORE1550S Blackを標準採用
・主要な機能をすべて装備、洗練されたサイコムオリジナルケース
・Windows 10 Home 64bitを標準搭載

レビュー
「VX2800Z390」は、サイコムの定番ミニタワーPCで、新たにインテルZ390チップセット、第9世代Coreなどを、標準搭載します。

2018-2019年の「第9世代Core(CoffeeLake Refesh)」では、最大8コア16スレッドとなり、さらなるマルチスレッド性能向上を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第9世代Core i9-9900K 8コア16スレッド/3.6-5.0GHz:約2020
第9世代Core i7-9700K 8コア8スレッド/3.6-4.9GHz:約1510
第9世代Core i5-9600K 6コア6スレッド/3.7-4.6GHz:約1070
第8世代Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2018年冬では
Core i5-9600K、4GBメモリ、500GB HDD、DVDマルチドライブ、Windows 10などを標準搭載し、税込11万円台からを実現します。
※標準構成は、変更されている場合あり。

詳細・購入はこちら
Radiant VX2800Z390