ドスパラ、第9世代Core i7・GeForce RTX2080搭載クリエイターPC「raytrek ZG(2018冬-2019春PC)」 

ドスパラは、「raytrek ZG(2018冬-2019春PC)」を発売します。

raytrek ZG
特徴
・メインストリーム向け初の8コア、第9世代Core i7-9700Kを搭載
・リアルタイムレイトレーシング対応、GeForce RTX2080を搭載
・速やかに処理することが可能、32GBメモリを標準搭載
・LADDER(梯子)をイメージした専用のLDケース
・計算されたエアフローによりもたらされる安定動作
・SSD専用の2.5インチシャドウベイを3基搭載

レビュー
「raytrek ZG」は、メインストリーム向け初の8コアCPUとなる「第9世代Core i7-9700K」を搭載します。 6コアの「第8世代Core i7」を上回る性能を、実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第9世代Core i7-9700K 8コア8スレッド/3.6-4.9GHz:約1510
第8世代Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430
第7世代Core i7-7700K 4コア8スレッド/4.2-4.5GHz:約990

グラフィックスも、最新世代「GeForce RTX2080」を搭載し、高速3D性能を実現します。

GPU性能比較(3DMark TimeSpy)
NVIDIA GeForce RTX2080:約10,700
NVIDIA GeForce RTX2070:約8,900
NVIDIA GeForce GTX1080:約7,300
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
raytrek ZG