パソコン工房、最新Office PremiumにSSD搭載8万円台ミニタワーPC「MN7020-i3-HLRB+Office」 

パソコン工房は、デスクトップパソコン「iiyama PC MN7シリーズ」を発売します。
icon icon
ハイスペックミニタワーデスクトップパソコン MN7シリーズ icon

MN7シリーズの特徴
・第4世代Coreプロセッサー(Haswell Refresh)を搭載
・ミドルハイクラスまでのNVIDIA GeForceを選択可能
・メインドライブにSSD・データドライブにHDDを組み合わせたツインドライブ構成が可能
・シンプル・コンパクトを体現するミニタワーケースを採用
・フロントパネルには、USBポートを搭載す
・ゆとりある内部マージンを持ち併せ、様々なカスタムに対応

レビュー
インテルCPUを搭載するミニタワーデスクトップパソコンです。

MN7シリーズは、ミドルタワーに比べ少しコンパクトなミニタワーに、高性能Core i7やミドルハイクラスのグラフィックスまでを搭載出来る、上位シリーズです。
また、標準でHDD特有の遅さがない「SSD」を、『標準搭載』するモデルが多いのも特徴です。



2014年10月17日発表の「MN7020-i3-HLRB+Office」は、同日販売開始の「Microsoft Office Personal Premium」をプリインストールするモデルです。
最新の「Office Premium」では、日本限定で最新バージョンに『永続無償』アップデートできる事が、大きな変更となっています。

標準構成は、2014年Q3(7~9月)発売開始のCore i3-4160(3.6GHz)、4GBメモリ、120GB SSD+500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブなどを標準搭載します。
純正Officeに、SSDを標準搭載しながら、税込でも8万円台の価格を実現しています。

詳細・購入はこちら
ハイスペックミニタワーデスクトップパソコン MN7シリーズ icon

サイト内関連リンク
パソコン工房 最新モデル一覧