ドスパラ、4コア8スレッドCore i7×GeForce GTX960搭載ミニタワーPC「Magnate XT」 

ドスパラは、デスクトップパソコン「インテルCPU 搭載ミニタワーデスクトップ」を発売します。

インテルCPU 搭載ミニタワーデスクトップ

インテルCPU 搭載ミニタワーデスクトップの特徴
・高性能と省電力をハイレベルに両立した、インテルCPUを搭載
・グラフィックスに、「NVIDIA GeForce」を搭載するモデルを選択可能
・飽きのこないオリジナルシンプルケースを標準採用
・ブルーレイディスクドライブを搭載可能
・HDD特有の遅さを劇的に改善する、SSDを搭載可能

レビュー
インテルCPUを搭載するミニタワーデスクトップパソコンです。

「インテルCPU 搭載ミニタワーデスクトップ」は、ミドルタワーより少しコンパクトで、優れたエアフローと高い安定性を魅力とするシンプルケースを採用します。

そして、低価格・低性能のCeleronモデルから、スタンダードな4コアCore i5、4コア/8スレッドの高性能Core i7などから選択できます。
また、CPU内蔵のインテルHDグラフィックスモデルに加え、NVIDIA GeForce搭載モデルも用意されています。



2015年1月発売開始の新「Magnate XT」は、前世代「GeForce GTX760(Kepler)」の後継となる(GeForce GTX860は欠番)、同月発売開始の新主力「NVIDIA GeForce GTX960(第2世代Maxwell)」を搭載します。

GTX960は、GTX760に対し、性能は微増となりますが、消費電力(170W→120W)と熱量を、大幅に低減しています。
そして、GTX660(Kepler)やそれ以前(Fermi)の製品からの買い換えでは、大幅な性能向上と、消費電力の劇的な改善を実現できます。


そして、メインストリーム向けの「H97」チップセットに、4コア8スレッドとなるCore i7-4790などを、標準搭載します。

詳細・購入はこちら
Magnate XT

サイト内関連リンク
ドスパラ 最新モデル一覧