ドスパラ、第6世代Core i7-6700K×GeForce GTX TITAN X搭載デスクトップPC「Raytrek-V XK」 

ドスパラは、デスクトップパソコン「Raytrek-V XK」を発売します。

Raytrek-V XK
特徴
・最新14nmプロセスで製造、第6世代インテルCore i7プロセッサー「Skylake」を搭載
・メインメモリにも、より高速な転送が可能な次世代のDDR4メモリを採用
・「Skylake」を最大限活用可能なZ170チップセットを搭載
・さまざまな新機能や改良を加えた最新OS「Windows 10 Home」を搭載
・PCケースは、多彩な構成に対応する、豊富なドライブベイと堅固な構造
・前後2基の12cmファンが作り出す、優れた排熱性

レビュー
2015年8月発売開始の「Raytrek-V XK」は、8月発売の新世代CPU「Skylake-S」から最上位の「第6世代Core i7-6700K」を標準搭載します。
第6世代Coreでは、第4世代Coreから大幅なCPU性能向上はないものの、着実な性能向上を実現しています。

そして、16GB DDR4メモリ、GeForce GTX TITAN X 12GB、256GB SSD+3TB HDD、DVDスーパーマルチドライブなどを標準搭載しています。

詳細・購入はこちら
Raytrek-V XK

関連リンク
ドスパラ 最新モデル一覧