第9世代Core、GeForce RTX20搭載ドスパラ、マウス、パソコン工房、フロンティア、ツクモ、サイコムのBTOパソコンを紹介しています。

ドスパラ、第8世代Celeron G4900搭載4万円台スリムタワーPC「Slim Knight(2018年夏PC)」

ドスパラは、「Slim Knight(2018年夏PC)」を発売します。

Slim Knight(第8世代Celeronモデル)
特徴
・幅96mmのスリムパソコン
・考え抜かれたエアフローによる優れた冷却性能を実現
・最新の第8世代Celeronを搭載
・安定の4GBメモリを標準搭載
・USB2.0 に加え、最大5Gbpsの転送速度を持つUSB3.0を搭載
※特徴は、モデルにより異なる場合があります。

第8世代Celeron搭載スリムPC
「Slim Knight」は、タワーPCに対し、拡張性などは劣るものの、省スペース性を魅力とします。

「第8世代Celeronモデル」では、2018年に『2コア2スレッド』で問題なければ、安価な価格を実現する「Celeron G4900」を搭載します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i3-8100 4コア4スレッド/3.6GHz:約570/155
(第8世代) Pentium Gold G5400 2コア4スレッド/3.7GHz:約390/155
(第8世代) Celeron G4900 2コア2スレッド/3.1GHz:約235/125
(第7世代)Celeron G3930 2コア2スレッド/2.9GHz:約220/120
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2018年夏では
最低限の4GBメモリ、1TB HDD(SSDオプション)、DVDスーパーマルチドライブ、H310チップセットなどの基本構成で、4万円台からの低価格を実現しています。

詳細・購入はこちら
Slim Knight(第8世代Celeronモデル)