フロンティア、弱点解消・第4世代Ryzen搭載マイクロタワーPC「GXシリーズ B550」 

FRONTIERは、「GXシリーズ B550」を販売します。

GXシリーズ B550
(Ryzen5000・マイクロタワーPC)
特徴
・AMD第4世代Ryzen5000プロセッサーを搭載
・「Zen3」アーキテクチャを採用し、シングルスレッド性能が向上
・コストパフォーマンスに優れる、AMD B550チップセットを搭載
・第2世代RTXアーキテクチャ採用、GeForce RTX30シリーズを搭載可能
・スタイリッシュでエアフローを考慮した、マイクロタワーケースを採用
・大型グラフィックスカードや、最大3基のストレージも搭載可能な拡張性

レビュー
「GXシリーズ B550」は、コンパクト筐体ながら、大型のグラフィックカードも搭載可能な、デスクトップPCです。

「B550」では、Ryzen5000、中位「B550チップセット」、GeForce RTX30シリーズを搭載可能で、高負荷作業をより快適な動作で、実現します。

GPU性能比較(3DMark Time Spy Graphics)
GeForce RTX307013500
GeForce GTX1660 SUPER6000
(2018年)GeForce RTX2080:10700
(2016年)GeForce GTX1080:7300

新モデルでは
CPUを「Ryzen3000」→『Ryzen5000』に刷新。
弱点だったシングルコア性能の向上により、ゲームでも強いCPUを実現です。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen9 5900X 12コア24スレッド/3.7-4.8GHz/105W:8100/630
Ryzen7 5800X 8コア16スレッド/3.8-4.7GHz/105W:5700/620
Ryzen5 5600X 6コア12スレッド/3.7-4.6GHz/65W:4300/605
Ryzen7 3800X 8コア16スレッド/3.9-4.5GHz/105W:4950/510
Core i7-10700K 8コア16スレッド/3.8-5.1GHz/125W:5200/520
(2017年)Core i7-7700K 4コア8スレッド/4.2-4.5GHz/91W:2200/460
※ベンチマークは、比較用の基準値となり、当機種のスコアではありません。

グラフィックスも、最新世代「GeForce RTX30シリーズ」が、追加されています。

詳細・購入はこちら

GXシリーズ B550
(Ryzen5000・マイクロタワーPC)