フロンティア、TDP65W版第10世代Core搭載超小型PC「CDシリーズ」 

FRONTIERは、「CDシリーズ」を販売します。

CDシリーズ
(第10世代Core・超小型PC)
特徴
・TDP65Wの通常版CPU、インテル第10世代Coreを搭載
・性能はそのままで、サイズは1.2Lの超小型筐体を実現し
・高速なNVMe SSDと2.5インチS-ATA SSDを、同時に搭載可能
・最大2.4Gbpsの超高速データ転送、Wi-Fi6(IEEE802.11ax)を内蔵
・USB Type-C 3.2 Gen1やUSB Type-A 3.2 Gen1を複数搭載
・VESAマウントで、液晶モニターの裏側に取り付け可能

レビュー
「CDシリーズ」は、液晶モニターに取り付け可能な超小型PCの中で、高いCPUを魅力とします。

デスクトップPC向けCPUでは、ノート向けでは実現出来ない「10コア20スレッド」まで、実現出来ます。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
Core i9-10900 10コア20スレッド/2.8-5.2GHz/65W:6300/530
Core i7-10700 8コア16スレッド/2.9-4.8GHz/65W:4800/500
Core i5-10400 6コア12スレッド/2.9-4.3GHz/65W:3200/450
Core i7-10710U 6コア12スレッド/1.1-4.7GHz/15W:2200/460
(2017年)Core i7-7700 4コア8スレッド/3.6-4.2GHz/65W :2100/410
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

新モデルでは
「2020年11月」新発売となり、「第10世代Core」を搭載します。

詳細・購入はこちら

CDシリーズ
(第10世代Core・超小型PC)