マウス、約3.2倍の大幅性能向上Ryzen 7 4800H新搭載15.6型ノートPC「mouse X5-R7」 

マウスコンピューターは、「mouse X5-R7」を販売します。

mouse X5シリーズ
(Ryzen 4000H・軽量薄型ノート)
特徴
・従来製品比、マルチコア性能が約3.2倍アップ、Ryzen 7 4800Hを搭載
・データ処理性能は約77%アップ、デュアルチャネルメモリに対応
・マグネシウム合金を使用し、重さ約1.49kg、薄さ約17.9mmを実現
・バッテリー動作時間が約20%向上した、約18.5時間を実現
・精度の高い色彩表現、sRGB比 約100%の広色域な液晶パネルを搭載
・内蔵バッテリーを充電することも可能な、USB Power Deliveryに対応
レビュー
「mouse X5-R7」は、一般的な15.6型液晶搭載ノートの中で、薄型・軽量・長時間バッテリー駆動に、8コア16スレッドの高性能まで魅力が加わります。

「Ryzen7 4800H(7nm・Zen2)」の採用になり、「Ryzen5 3500U(12nm・Zen+)」から、別世界の性能を実現しつつ、バッテリー駆動時間も向上します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen7 4800H 8コア16スレッド/2.9-4.2GHz/45W:4200/475
Ryzen5 3500U 4コア8スレッド/2.1-3.7GHz/15W:1430/350
Core i7-10870H 8コア16スレッド/2.2-5.0GHz/45W:3500/480
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

ノートパソコンにテンキーは不要な方にとって、15.6型ノートでは数少ないテンキーレスモデルとなっています。

新モデルでは
「2021年2月発売」モデルとなり、CPUを刷新し、数倍単位の大幅性能向上です。

sRGB比 100%液晶の採用、大容量90WACアダプタを採用し、作業生産性を向上させます。

詳細・購入はこちら

mouse X5シリーズ
(Ryzen 4000H・軽量薄型ノート)