パソコン工房、最新12コア第12世代Core i7・NVIDIA RTX A4000/T1000搭載可能「SENSE-F069-LC127K」 

パソコン工房は、「SENSE-F069-LC127K」を販売します。
icon icon
SENSE-F069-LC127K-QNXicon(RTX A4000)
SENSE-F069-LC127K-QCXicon(T1000)
特徴
・新たなコア設計により16コアとなった「第12世代Core i9プロセッサー」を搭載
・第12世代Coreの性能を最大限に発揮させる「Windows11」を搭載
・第12世代Coreの性能を引き出す「インテル600シリーズチップセット」を搭載
・プロフェッショナル向けグラッフィックス「NVIDIA RTX/Tシリーズ」を搭載可能
・ケースは、Cooler Master製『MasterCase MC500』を採用
・ケース内部まで妥協を許さないデザインで抜群の冷却性能を発揮
レビュー
2021年11月発売「SENSE-F069-LC127K」は、同月発売「第12世代Core i7-12700K」を搭載します。

12コア化や1コア当たりの性能が高い事により、ハイエンドCore Xの最上位に迫る高い性能を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R23 マルチ/シングルスレッド)
Core i9-12900K 16コア24スレッド(8+8)/最大5.2GHz/125W:26500/2000
Core i7-12700K 12コア20スレッド(8+4)/最大5.0GHz/125W:22500/1900
Core i9-10980XE 18コア36スレッド/最大4.8GHz/165W:24000/1150
AMD Ryzen 9 5950X 16コア32スレッド/最大4.9GHz/105W:24700/1610
(2017年)Core i7-7700K 4コア8スレッド/最大4.5GHz/91W:6000/1200
※ベンチマークは、比較用の基準値となり、当機種のスコアではありません。

「QNX」は、Ampereアーキテクチャ、第2世代RTコア採用「RTX A4000」を搭載。
Deep Lerning、レイトレーシング、3DCG、CADなどで、安定した動作を提供します。

「QCX」は、前世代Turingアーキテクチャ採用「T1000」を搭載。
3DCG、CADなどで、安定した動作を提供します。

詳細・購入はこちら
SENSE-F069-LC127K-QNXicon(RTX A4000)
SENSE-F069-LC127K-QCXicon(T1000)