パソコン工房、大幅値下げされた第10世代Core i9-10900X搭載デスクトップPC「SENSE-RC2B-LCi9SX-RXS [VEditor4K]」 

パソコン工房は、「SENSE-RC2B-LCi9SX-RXS [VEditor4K]」を発売します。
icon icon
SENSE-RC2B-LCi9SX-RXS [VEditor4K] icon
特徴
・優れたメガタスク性能、第10世代Core(CascadeLake-X)を搭載
・最大で256GBのDDR4-2933メモリに対応、
・深層学習向け「Deep Learning Boost」を、AVX512命令セットに追加
・ミドルレンジグラフィックス、GeForce GTX1660Ti 6GB DDR6を搭載
・ケースは、Cooler Master製『MasterCase MC500』を採用
・ケース内部まで妥協を許さないデザインで抜群の冷却性能を発揮

レビュー
「SENSE-RC2B-LCi9SX-RXS [VEditor4K]」は、4K動画編集向けモデルで、10コア20スレッドの「第10世代Core i9-10900X」、大容量「32GBメモリ」などを標準搭載します。

第10世代では、さらに機能を強化しつつ、4万円超の大幅値下げを魅力とします。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第10世代Core i9-10920X 12コア24スレッド/3.5-4.8GHz/$698:2600/205
第10世代Core i9-10900X 10コア20スレッド/3.7-4.7GHz/$590:2300/200
第9世代Core i9-9900X 10コア20スレッド/3.5-4.5GHz/$989:2200/190
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

なお、カスタマイズ前提の「カスタマイズベース」モデルなので、ストレージは少なくなっています。
大容量SSDやHDDは、カスタマイズで搭載できます。

詳細・購入はこちら
SENSE-RC2B-LCi9SX-RXS [VEditor4K] icon