サイコム、第11世代Core i7-11700も搭載可能な小型デスクトップPC「Radiant SPX3000H470」 

サイコムは、「Radiant SPX3000H470」を発売します。

Radiant SPX3000H470
(Mini-STXモデル)
特徴
・幅80×奥行き155×高さ155mmのコンパクト筐体を採用
・メンテナンス性に優れる、マグネット式防塵フィルタを採用
・通常のデスクトップ向け第11世代Coreを選択可能
・CPUクーラーに、高性能なNoctua製を選択可能
・高速充電と最大10Gbpsのデータ転送、USB3.2 Gen2 Type-Cを搭載
・3つのディスプレイ出力を同時にサポート
※標準仕様などは、変更の場合あり
レビュー
「SPX3000H470」は、ネット閲覧やオフィス用途など、セカンドPCとしての利用を想定する、省スペースPCです。

CPU内蔵グラフィックスモデルなので、3D性能は弱く、PCゲームには適しませんが、
CPUには上位「Core i7」を選択でき、高いCPU性能を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i7-11700 8コア16スレッド/2.5-4.9GHz/65W:5500/600
第11世代Core i5-11400 6コア12スレッド/2.6-4.4GHz/65W:3900/535
第10世代Core i3-10100 4コア8スレッド/3.6-4.3GHz/65W:2250/445
Ryzen7 PRO 4750G 8コア16スレッド/3.6-4.4GHz/65W:4700/495
(2017年)Core i7-7700 4コア8スレッド/3.6-4.2GHz/65W :2100/410
※ベンチマークは、比較用の基準値となり、当機種のスコアではありません。

新モデルでは
2021年3月発売の最新CPU「第11世代Core(RocketLake)」を選択できます。
6年ぶりのアーキテクチャ刷新により、主にシングルコア性能が大きく向上します。

詳細・購入はこちら

Radiant SPX3000H470
(Mini-STXモデル)