サイコム、第11世代Coreも搭載可能なスリムデスクトップPC「Radiant SBX3000B560」 

サイコムは、「Radiant SBX3000B560」を発売します。

Radiant SBX3000B560
特徴
・最新の第11世代インテルCore「Rocket Lake-S」を搭載可能
・アーキテクチャ刷新による、IPCの大幅向上を実現
・マザーボードは、コストパフォーマンス重視「インテルB560」を標準搭載
・縦置きと横置きの両方が可能、ケースに「IW-BL634B/300B2」を採用
・80PLUS BRONZE認証取得300W電源を搭載
・スリムケースとしては大型80mmFANを標準搭載
※標準仕様などは、変更の場合あり
レビュー
「SBX3000B560」は、幅96mmという『幅の小ささ』を魅力とする省スペーススリムPCで、2021年の定番となる「インテル第11世代Core」を搭載できます。

スリムPCなので、エントリーレベルのビデオカードしか選択できませんが、
CPUは上位Core i7を搭載可能で、高いCPU性能をスリムに実現します。

新モデルでは
「2021年3月発売」となり、同月発売「第11世代Core」を搭載できます。
マザーボードも、第11世代Coreに最適化された「B560」に刷新です。

「第11世代Core」では、Skylake以来6年ぶりの刷新「Cypress Cove」を採用し、6年ぶりにIPCが向上(最大19%)します。
※Core i3は、第11世代Coreでは発売せず、第10世代Coreを継続。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i7-11700 8コア16スレッド/2.5-4.9GHz/65W:5500/600
第11世代Core i5-11400 6コア12スレッド/2.6-4.4GHz/65W:3900/535
第10世代Core i3-10100 4コア8スレッド/3.6-4.3GHz/65W:2250/445
第10世代Core i7-10700 8コア16スレッド/2.9-4.8GHz/65W:4800/500
(2017年)Core i7-7700 4コア8スレッド/3.6-4.2GHz/65W :2100/410
※ベンチマークは、比較用の基準値となり、当機種のスコアではありません。

詳細・購入はこちら

Radiant SBX3000B560