BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

BTOメーカー、AMD Ryzen6000/新5000搭載パソコン 

BTOメーカーの「Ryzen6000/新5000」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

当ページ担当メーカー
マウスコンピューター、パソコン工房、ツクモ、フロンティア、arkなど

姉妹サイト:海外メーカー、Ryzen6000/新5000搭載パソコン
姉妹サイト:国内大手メーカー、Ryzen6000/新5000搭載パソコン

当ページ掲載順
①デスクトップPC向け「CPU」
②高性能ノート向け「HX」
③超薄型ノート向け「U」
④高性能モバイル向け「HS」
⑤デスクトップPC向け「APU」

①デスクトップPC向けCPU:5800X3D他
2022年4月に、世界最高のゲーム向けプロセッサを謳う「Ryzn 7 5800X3D」、
TDP65W「7 5700X、5 5600、5500」、「5 4500、3 4100」が新登場します。

CPU性能比較(Cinebench R23 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen 7 5800X3D 8コア16スレッド/最大4.5GHz/105W:14500/1470
Ryzen 7 5700X 8コア16スレッド/最大4.6GHz/65W:13000/1480
Ryzen 5 5600 6コア12スレッド/最大4.4GHz/65W:10700/1450
Ryzen 5 5500 6コア12スレッド/最大4.2GHz/65W:10000/1310
Ryzen 5 4500 6コア12スレッド/最大4.1GHz/65W:9100/1200
Ryzen 3 4100 4コア8スレッド/最大4.0GHz/65W:5300/1100
Ryzen 7 5800X 8コア16スレッド/最大4.7GHz/105W:15000/1570
Core i7-12700 12コア20スレッド/最大4.9GHZ/65W:21000/1830
(2017年)Core i7-7700 4コア8スレッド/最大4.2GHz/65W:5600/1120

発売見込みなし:Ryzen 9 6950X、6900X、7 6800X、5 6600Xなど

※22年に「4000」で新製品を発売するメーカーなので、可能性は0ではありませんが、
デスクトップPC向け『CPU』に関しては、「Ryzen7000(Zen4)」を2022年秋に発売。

発売日:2022年4月~
「5700X、5600、5500」「4500、4100」は、4月15日11:00販売解禁です。
「5800X3D」は、4月22日11:00販売解禁です。

新Ryzen搭載BTOパソコン
Ryzen7搭載PC 紹介記事
Ryzen5 5000搭載PC 紹介記事
Ryzen5 4000搭載PC 紹介記事
<パソコン工房>
icon icon
Ryzen 5000搭載可能BTOパソコン icon

<マウスコンピューター>

Ryzen 5000搭載可能BTOパソコン

<ツクモ>

Ryzen 5000搭載可能BTOパソコン

<フロンティア>

Ryzen 5000搭載BTOパソコン

②高性能ノート向け:Ryzen 6000HX
絶対性能重視「Rembrandt-HX」は、6nm・Zen3+・RDNA2アーキテクチャとなり、
7nmのデスクトップ向けでは到達できていない、最大5GHz動作に到達します。

CPU性能比較(Cinebench R23 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen 9 6980HX 8コア16スレッド/最大5.0GHz/45W+:
Ryzen 9 6900HX 8コア16スレッド/最大4.9GHz/45W+:14300/1590
Ryzen 7 6800H 8コア16スレッド/最大4.7GHz/45W:13800/1520
Ryzen 5 6600H 6コア12スレッド/最大4.5GHz/45W:
Ryzen 7 5800H 8コア16スレッド/最大4.4GHz/45W:12500/1430
Core i7-12700H 14コア20スレッド/最大4.7GHz/45W:15700/1790
(17年)Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/最大3.8GHz/45W:4200/960

発売日:2022年3月~
グローバルで、2022年3月発売開始となり、
当サイト紹介メーカーでは、Razerが発売です。

Ryzen 6000HX搭載ノートパソコン
Ryzen9搭載PC 紹介記事
<ark Razer>

Razer Blade 14 RZ09-0427PJA3-R3J1(RTX3080Ti)
Razer Blade 14 RZ09-0427NJA3-R3J1(RTX3070Ti)
(14型・Ryzen 9 6900HX)

③超薄型ノート向け:Ryzen 6000U/新5000U
「Rembrandt-U」は、6nm・Zen3+・RDNA2アーキテクチャとなり、
カジュアルゲーマーに最適なグラフィックス性能を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R23 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen7 6800U 8コア16スレッド/最大4.7GHz/15-28W:10400/1510(仮)
Ryzen5 6600U 6コア12スレッド/最大4.5GHz/15-28W:
Ryzen7 5800U 8コア16スレッド/最大4.4GHz/15W:9300/1420

「Barcelo-U」は、7nm・Zen3・Vegaアーキテクチャとなり、
超高速な応答性と高効率のバッテリー駆動時間を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R23 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen7 5825U 8コア16スレッド/最大4.5GHz/15W:9600/1450
Ryzen5 5625U 6コア12スレッド/最大4.3GHz/15W:8300/1380
Ryzen3 5425U 4コア8スレッド/最大4.1GHz/15W:6100/1240
Ryzen7 5700U 8コア16スレッド/最大4.3GHz/15W:8800/1260
(2016年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz/15W:1900/880

発売見込みなし:Ryzen 7 6700U、5 6500U、3 6300Uなど
※上記3モデルが、従来の『奇数』に相当。

発売日:2022年2月~
当サイト紹介メーカーでは、新5000U搭載モデルは発売中。
※極少数生産となる6000Uは、当サイト紹介メーカーで発売されるかは不明。

新Ryzen5000U搭載ノートパソコン

mouse B5シリーズ (AMD)
(Ryzen5000・スリムスタンダード)

④高性能モバイル向け:Ryzen 6000HS
TDP35Wとなる「HS」も、6nm・Zen3+・RDNA2アーキテクチャとなり、
TDP45Wの「HX」に近い高性能を、薄型スリムノートで実現します。

CPU性能比較(Cinebench R23 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen9 6980HS 8コア16スレッド/最大5.0GHz/35W:
Ryzen9 6900HS 8コア16スレッド/最大4.9GHz/35W:
Ryzen7 6800HS 8コア16スレッド/最大4.7GHz/35W:
Ryzen5 6600HS 6コア12スレッド/最大4.5GHz/35W:
Ryzen9 5900HS 8コア16スレッド/最大4.6GHz/35W:12800/1460

発売日:2022年2月~
2月発売となり、ASUSが発売中なので、日本発売済。
※当サイト紹介メーカーで、発売されるかは不明。

姉妹サイト:海外メーカー、Ryzen6000/新5000搭載パソコン

⑤デスクトップPC向けAPU:Ryzen 6000G
デスクトップPC向けCPU同様、APUも6000(Zen3+)での発売予定なし。

CPU性能比較(Cinebench R23 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen7 6700G xコアxxスレッド/x.x-x.xGHz/xxW:
Ryzen5 6600G xコアxxスレッド/x.x-x.xGHz/xxW:
Ryzen3 6300G xコアxスレッド/x.x-x.xGHz/xxW:
Ryzen7 5700G 8コア16スレッド/最大4.6GHz/65W:14000/1520
Core i7-12700 12コア20スレッド/最大4.9GHZ/65W:21000/1830
(2017年)Core i7-7700 4コア8スレッド/最大4.2GHz/65W:5600/1120

※22年に「4000」で新製品を発売するメーカーなので、可能性は0ではありませんが、
デスクトップPC向け「APU」も、次世代は「7000(Zen4)」となる予定。

発売日:発売予定なし
グラフィックス内蔵モデルも、「7000」待ちです。

Ryzen5000G搭載BTOパソコン
<パソコン工房>
icon icon
Ryzen 5000G搭載可能BTOパソコン icon

<ツクモ>

Ryzen 5000搭載可能BTOパソコン